読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜空に星がいっぱい!

JUMP・SZ中心につらつらと。

ジャニーズ楽曲大賞に投票してきました。

ジャニーズ楽曲大賞に投票してきました!

やっぱりせっかくなんで記録として残しておきます。

 

楽曲部門

1位:「Moonlight walker」 A.B.C-Z

この曲を初めて聞いたときに、「今年の楽曲大賞はこれしかない。」となり、その後も担当グループが新曲を発売するも、やはり私の中では変わらず、選びました。

何がすきというと、とにかく「What's your name?」です。もう好きすぎます!そして、間奏の「I wanna do... Face to face~」もかっこよすぎて文句なし。衣装もハットにジャケットでかっこいい。自分の中の琴線に触れまくった曲です。

Moonlight walker(初回限定盤A)(DVD付)

Moonlight walker(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

2位:「この手をつなごう」 Sexy Zone

 あの時、本当にこの曲に何度元気付けられたか…。そんな曲です。

Sexy Boyz(マリウスくん、神宮寺くん、岩橋くん)とSexy 松(松島くん、松倉くん、松田くん)のユニット曲です。 

この曲が収録されているSexy Zoneの3枚目のアルバム「Sexy power 3」に関しては、いろいろ思うところがありすぎえて、言ってしまえば考えたくもないレベルなんですが。それでも、この曲を音源化してくれて有難うと言いたい。

Sexy Power3 (初回限定盤A)(DVD付)

Sexy Power3 (初回限定盤A)(DVD付)

 

 

3位:「UNION」 Hey!Say!JUMP

Hey!Say!JUMPの4枚目のアルバム「JUMPing CAR」に収録されている薮くん、八乙女くん、有岡くんの3人からなるユニット曲*1です。

 とにかくメロディーが自分のツボを抑えすぎていました。かっこいい!好きだ!

歌詞も3人が自分が歌うパートを担当し、バラバラで書いたのに違和感のない統一感。何よりも、「薮に歌わせたい。」とサビを全て薮くんに託した光くん。それに答えるかのような薮くんの歌声の力強さ、負けることのない光くんのベース、さらに有岡くんのDJが見れるという贅沢な1曲。まさにUNIONだったなと思わされるようでした。

JUMPing CAR 【初回限定盤2】(DVD付)

JUMPing CAR 【初回限定盤2】(DVD付)

 

 

4位:「Viva!9’s SOUL」 Hey!Say!JUMP

これをランクインさせた理由は1つです。

JUMPが今のJUMPとして、前にしっかり進み始めた曲と感じたからです。

初めて聴いたときは思わずないてしまいました。今までのことを走馬灯のように思い出したからです。「もう振り返らないよ」このフレーズはずるい…。

そして、コンサートちょおおおおお盛り上がってもう最高な大好きな曲。

普段なんて絶対に山田くんを涼介など呼べませんが、このときばかりは全身全霊込めて言います「絶対エースだりょうすけええええええええええ!!!!!!!!」

 

JUMPing CAR 【通常盤】

JUMPing CAR 【通常盤】

 

 

 5位:「カラフル Eyes」 Sexy Zone

Sexy Zoneの10枚目のシングル、ようやく5人で出せたシングル。

5人シングルを出す。こんな当たり前の言葉のために、本当にあの7月から必死だったし、今もまだ終わってないから、安心してはいけないな…と。

ただ当たり前に戻っただけで前進などまったくしていなのにも関わらず、本当にみんなうれしそうで。私自身もこのシングルに関しては売り上げを伸ばさないとという思いで多く買いました。このまだまだ格差が残る状況ですが(相変わらず、聡くんとマリウスくんのソロがないため)、これからの希望を込めて。

カラフル Eyes(初回限定盤A)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

MV部門

「KISS KISS KISS」 KAT-TUN

今年のMV一はこれだな~~~!ってずっと思ってたのですが、スタイリッシュというか。作品として見てて本当に素敵。メイキングも面白かったです!

KISS KISS KISS【初回限定盤1】(DVD付)

KISS KISS KISS【初回限定盤1】(DVD付)

 

 

未音源化部門

「この星のHIKARI」 SixTONES

BE CRAZYとめっちゃ迷いました…。ワクワク感や京本くんとジェシーくんのサビのハモりの素敵さからこっちかな…と。

少年たちでこの曲を聴いたときの高まりはいまでも覚えてます。

ZIG ZAG LOVEもお兄ちゃんガチャもよかったな~~~と思いつつ、楽曲的にSixTONESの曲がツボでした。

 

 現場部門

Hey! Say! JUMP COUNTDOWN LIVE 2015-2016 JUMPing CARnival Count Down

ほんんんとうに楽しかった!!!

カウコン入る前までは、現場はガムシャラ!!サマーステーションかな~と思っていましたが、年越しの瞬間にJUMPとJUMPが好きな人たちしかいない空間。薮くんの言葉をお借りして、みんなで家出してるみたいなあの空間。

ツアーから多少セトリが変わったくらいでしたが(たぶん、本当に急にJUMPが単独カウコンすることになったたんだろうなと思いました)、それでもドームに変わったことによって変化する演出。歓声やコールの反響全てが幸せだな。そんな空間でした。

またカウコンがあるのであれば、無理してでも入りたい!そう思えるコンサートでした。

 

 コンビ部門

松島聡マリウス葉

聡くんとマリウスくんの明るい未来しか見えない、見たくない!!!

普段Twitterでしょりそうしょりそうとか言ってますが、やっぱりシンメのマリじゃないととなり、コンビは聡マリに。

 

自担

松島聡

山田くんと掛け持ちしている私ですが、自担は1人しか投票できないので、聡くんにさせていただきました。

 

他にもたくさん投票したい楽曲だらけでした。

Sakura/嵐

山手線内回り~愛の迷宮~/タッキー&翼

KAGUYA、BYAKUYA、SEVEN COLORS/NEWS

我 I Need You、Faerwell、ChikuTaku、Shall We?/Hey!Say!JUMP

殺せんせーション/せんせーションズ

Hey you!、トラフィックジャム、まだ見ぬ景色、Make may day/Sexy Zone

PARTY MANIACS、アカンLOVE/ジャニーズWEST

YOLO morment/中山優馬 …etc.

 

 

今年の楽曲大賞は、どの曲が1位を取るか予想出来なくてとても楽しみです!

 

 

 

*1:アルバムのユニットを決める際、まさかのじゃんけんで決まりました。そのとても楽しい様子が収録されているHey!Say!JUMPの14枚目のシングル「Chau♯」も合わせてどうぞ。