読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜空に星がいっぱい!

JUMP・SZ中心につらつらと。

鋼の錬金術師本当だった。

ねぇ…!鋼の錬金術師の実写化本当だったよ!?

しかも主演は山田くんだよ!?!?

絶対エースだ~りょ~~すけ~~~~\りょ~~すけ~~~~/

 

いや、まさか本当に本当だとは全くっというかこれっぽっちも思っていなかったので、私は非常に動揺しました。

 

鋼の錬金術師実写映画化の速報が出たのが5月24日です。

 

わぁ~~~~~\(^o^)/

少し前の記事で、エド役を日本人のキャストで考えるなら、山田くんしかいないのかもしれない。とか書きつつ、やっぱり頭の中では理解が追いつかなくて。

nuxuuuuu.hatenablog.com

 

そうだ、実写化が決定したことにより、タイアップで色々くるかもしれない!!!そう考えよう!!!

と思いだしたら、案外だんだん受け入れられてきました。

ビジュアルどうなるんだろう~かっこいいんだろうな~~機械鎧とかかっこいいよな~~~と前向きに楽しみにしています。人間ってちょろい。

ただ、Twitterで回ってくるような撮影してたとかいうツイートが回ってきて、滅せよ!と思いながら、アカウント先からブロックorRT表示しないにしてますけどね!公式で見たいもん!

 

そうこうしていたら、なんと6月11日発売のガンガンで早速描きおろし漫画が!

そうそう!これを待ってたんだよ!!

 

買ってきました。

あ~~エルリック兄弟最高だな~~荒川先生最高!!!

改めて、鋼の錬金術師が大好きだなって思いました。

 

また山田くんのコメントも載っていました。

「僕がエドを演じることに『大丈夫?』って感じるファンの方も多いと思います。僕自身も主演を依頼された際、ビックリしてしまったので(以下略)」

じゃんぺでも、「色々思いがあるのは分かるよ」と語ってくれた山田くん。暗殺教室の時もそうでしたけど、やっぱり漫画の実写化ってとりあえず、叩かれる。もっと言えば、ジャニーズであればなおさら叩かれる。でも、それを受け入れて役に向かってくれるのだなぁと改めて感じて、頑張って欲しいという気持ちが増しました。

 

さらに荒川先生のコメントで。

「マンガでは豆粒度チビのすぐキレる主人公なので、山田さんに演じていただくのは、なんだか申し訳ない気分です…!」

荒川先生…山田くんだいたいそんな感じのキャラでテレビ出てるので大丈夫かと!

銀の匙の時も思いましたが、漫画家の先生の口からジャニーズタレントを名前を聞くと、実写化でキャスティングされるってこういうことなんだな…と思いました。

映画に合わせて何かしらキャンペーンがあったら私は嬉しいです…。育児に大変な時期でしょうが、よろしくお願いします!

 

最後に監督のコメントから「実写化の構想は、10年前、実際に動き始めて3年になります。(中略) 荒川先生からもご理解を頂き、良いものに出来上がりました。(以下略)」

ご理解を頂きほど怖い単語はないな!

いや、成功するなんてこれっぽっちも思ってないんですが、でもやっぱりする限りは成功してほしいんですよ…。しかし、この言葉の怖さ…。どうなるのでしょう。

自分たちは受け取ることしかできないので、公開までおとなしく待つことですが。

 

そして、実写化の構想についてコメントされていたので。年譜にすると以下のような形になりそうですね。

 

2001年7月:鋼の錬金術師連載開始(8月号)

2003年10月:アニメ1期放送開始

2004年10月:アニメ1期放送終了

2005年7月:映画「シャンバラを征く者」公開

2006年:実写化構想練はじめ

2009年4月:アニメ2期(FULLMETAL ALCHEMIST)放送開始

2010年6月:連載終了(7月号)

2010年7月:アニメ2期放送終了

2011年7月:映画「嘆きの丘の聖なる星」公開

2012年:実写化に向けて動き出す

2016年5月:実写化発表

2017年冬:公開

 

という感じになるみたいです。

山田くんがジャニーズ入ったときには、すでにアニメの1期終わるころだったとか…。なんか感傷深いというかなんというか…。

 

今後どのような展開になっていくか、期待と不安でいっぱいですが。自分の一番好きな漫画、キャラクターを自担が演じることなど滅多にないと思うので、最高に楽しみたいなと思いました。

 

 

 

ところで、この記事ちょいちょい時間を空けて書いていたのですが、年譜書いている間に、Hey!Say!JUMPのアルバム発表ありましたよ!!!

2016年7月27日発売「DEAR.」

あれ???ツアー初日…7月28日の大阪城ホール…。

みなさん一緒に、頑張りましょう!!!

さて、当落はいつになるのやら。